海外でも人気の高い寿司

日本人だけでなく、海外でも人気の高いお寿司。一口にお寿司と言っても、種類から値段まで様々です。僕は握り寿司が大好きでよく行くのですが、お寿司を食べるのは、出来るだけ高級な、高めのお店に入る様にしています。決して見栄を張りたいわけではなく、寿司屋は高級な所を選ぶべきだと思う確固たる理由があるからです。寿司に限らずですが、高級な専門の飲食店には、値段が高いのにはちゃんと理由があります。特にお寿司の場合、高めの値段をつけるだけの価値が、我々お客には分かります。僕は決してグルメを自称できる程舌は肥えてはいませんが、そんな僕にも値段の違いによる寿司そのものの違いが、しっかりと分かるのです。だから、お寿司は出来るだけ高い店で食べたいと、必然的に思うようになります。

高級な寿司屋が高い理由のひとつは、何といってもネタが新鮮であることです。多くの高級な寿司屋は独自でネタを仕入れていることが多く、そのお店の職人さんが自分で朝から市場に行って魚を仕入れてきます。その日のネタのためだけに、その魚を仕入れて、その日のうちに握るのですから、生ものである魚は当然新鮮さで味も変わりますし、新鮮だから安心です。仕入れの状況によってはその日に無かったりするネタもあったりしますが、それも高級ならではの証だと思います。

次に腕の良い職人さんが作る。ということです。板前の世界は厳しく、何年も修行をして初めてお客さんにお寿司を出せるようになるそうです。そんな厳しい修行を積んだ職人さんが目の前で握ってくださるお寿司は、丁度食べやすいサイズで、スピーディに握られるため待たされることもありません。また人の良い職人さんは快活で、楽しく話してくれたりします。これも客商売ですから、プロの腕、と言えるでしょうか。本当に良い職人さんが握ったお寿司は、素人でもその違いが分かります。そう言ったお店は、やはり少し値が張ることがほとんどです。

店の雰囲気。というのも理由の一つです。やはりせっかくたまに食べるお寿司ですから、できるだけゆっくり食べたい。清潔で、出来ればあまり騒がしくないところで。高級なお店は雰囲気作りにもこだわっていますので、そういった要望に適ったお店が多いと思いますし、ちょっと敷居が高いくらいのお店なら、他のお客さんも節度をわきまえた方達ばかりなので、穏やかに食事を楽しむことが出来ます。

お寿司が好きなら、回転寿司もいいですが、たまには思い切って、ちょっと高めの上野のお寿司やさんで、日本酒でも片手に寿司を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。