美味しいお寿司の特徴

高級な寿司とは、マグロが冷凍ものでなく、生のマグロを使っていることでしょうか。それに加えて、赤身、中トロ、大トロ、中落ちを取り揃えていることです。回転寿司やスーパーで売られているネギトロは、裏の表示を見ると油や添加物などが入っていて驚くことがあります。消費者は、ネギトロ、イコールマグロをたたいてネギを加えたものだと思っていますが、実際は色々なものが入っているんだと愕然とします。


その点、上野のなどのお寿司ですと、マグロとネギだけを使った本当のネギトロに出会えます。だからこそ、美味しくて安全です。また、旬の白身魚やひかりものを各種取り揃えていることです。高級な寿司では、四季折々の魚とその美味しさに出会うことができます。春ではカツオ、イワシ、アジ、夏だとイサキ、カンパチ、秋にはサンマ、鯖、コハダ冬は寒ブリ、タラ、白子などなど季節ごとの魚を味わえます。

味付けも油を使ったマヨネーズやドレッシングなどではなく、職人さんが手間暇を惜しまずに下処理をした、魚の味を活かした昆布じめや酢じめなどの調理法で調理した寿司をいただくことができます。

SNSでもご購読できます。