お寿司の線引き

高級なお寿司屋さんと普通のお寿司屋さんの線引きってなんでしょう?やっぱりお値段なのでしょうが、おいくらから?私はあまり量を食べませんのでお腹がめいいっぱい空いていても握り10貫が限界。回転寿司なら千円かかりません。そんな私でも一人5千円くらいのお店が普通とするとお寿司だけで一万くらいが高級なお店になるのでしょうか。飲んだりするとそれ以上ですよね。

威張って言える事ではありませんが、そんなお店で自分で払った事はありません。自分でまず行こうとは思わない。あの金額の書いていないおしながきを見ただけでぞっとします。

でも、連れて行ってもらえるならニコニコくっついていきます。私にそんな嬉しい思いをさせてくれるのは伯父ただ一人ですが。

「今日暇か?寿司行こう」と言われたら、そそくさと付いて行きます。カウンターに座って、板前さんのお勧めを頂きますが
世田谷の寿司店のお勧めはやはりどれも美味しい。

そしてお寿司だけでなく他と違うのは一品料理。これは芸術品のように盛り付けが美しい。
センスの良さはお料理の美味しさと比例していると思います。

お勘定しているところは見ないのでわかりませんが軽く一万超えていると思います。
だって美味しいお料理を頂くと、美味しいお酒が飲みたくなりますから。

SNSでもご購読できます。