小学生のころ、親に連れられ初めて行った世田谷の高級寿司屋。カウンターに座っても何をどう注文すればよいのか、わからず結局、いなり寿司や太巻きをほおばっていた記憶があります。社会人になって、自分のお金を稼ぐようになっても、寿司屋の敷居がどうも高く足を踏み入れることができませんでした。

続きを読む