イタリア料理の特徴について

今まで見てきたようにイタリア料理はイタリアを発祥とする料理法で、手軽な食材や簡単な料理法で構成されているので世界の多くで好まれ、また多くの地域で料理され食されています。では、どのようなところにイタリア料理の特徴がみられるのでしょうか?
イタリア料理の特徴としては、オリーブ・オイルやトマトがたくさん使われる事が多いということがあります。これは南イタリアの特徴ですね。しかし他方で北イタリアでは隣接するフランスやスイス同様にバターや生クリームを利用した料理が多い事が特徴です。

またシチリアなどのアフリカ大陸に近い地域では、アラビア料理の影響を受けていてクスクス、アランチーニなどの料理が食べられています。他にも地中海に面した地域では魚介類を用いたイタリア料理が多く、ヨーロッパでは食べられることの少ないタコやイカが食材として使用されることが多いです。また内陸の地域では肉料理も多く食べられています。

刈谷市で女子会を行った際に聞いたのですが、イタリア各地で好まれていて様々な形で料理されています。トマトの多用も特徴の一つですが、トマトは南アメリカ原産だそうです。トマトの流入で料理も多彩になり、色彩も鮮やかになったといわれています。

SNSでもご購読できます。