貧乏舌には衝撃的だったお寿司屋さん

普段お寿司というとスーパーなどで売っている出来合いのものか、よくても回転寿司で済ますのが関の山です。貧乏舌にはこのあたりのもので十分ということもありますが、それ以上に回っていないお寿司屋さんにいくのは特に金銭面で怖いというのが正直なところです。事実、自腹で行くことはよほどのことがない限りないでしょう。
しかしたまに、法事の席や目上の方にご馳走してもらって高級なお寿司屋さんでそのお寿司を口にすると普段食べているお寿司とのあまりの違いに美味しいよりもまず驚愕します。例えばマグロの赤身ひとつとっても普段のものとは段違いなのです。赤身ひとつにとても濃厚な味が含まれていてこれが本当のマグロの味なのかと驚愕します。それ以外のネタも味が一枚も二枚も上のものばかりですが、特に個人的に目を引くのは玉子の美味しさです。普段回転寿司にいっても玉子など食べることすらないのですが、高級店の玉子はいい仕事がされていてまさに舌鼓を打ちます。卵黄の甘さと濃すぎないのに口の中に残る味付けの旨さが本当にたまりません。

*心に残る寿司屋紹介
桜木町の寿司屋「寿司処かぐら」
http://www.sushi-kagura.com/
全てのネタが新鮮で、とにかくおすすめです。

SNSでもご購読できます。