美味しい牡蠣の思い出

青森県の八戸市の朝一で、採れたての天然の牡蠣をその場でいただきました。
貝類が苦手でめったに食べることのなかった私ですが、あまりに見た目が美味しそうだったので、思わず買ってしまいました。
真っ白で、つやつやとしていて、口に入れるとおもいきり海の香りがして。
しかも甘かったです。しょうゆなどの調味料はいっさい付けなくて大丈夫です。
そのままで素材が十分美味しいです。あれは海辺でしか味わえない一品だと思います。
一度味わうと完全にクセになります。それを食べてからは、牡蠣だけは大好きになりました。
魚が好きなので、その市場にはよく行きます。
今では、行くたびにその場で食べたり、買って帰ってお酒のお供にして食べます。
買って帰ってくると、我慢できずに食事の一番最初に食べます。
そんなにしょっちゅう食べるわけではないので、いつもほっぺたが落ちそうになり、幸せな気持ちになれます。
吉祥寺にあるオイスターバー「吉祥寺 Spiral」で牡蠣を食べた時、青森で食べたことを思い出しました。
日本酒と一緒にいただくと、日本人に生まれてよかったと思います。

SNSでもご購読できます。