私を魅了してやまないイタリアンと日本酒

イタリアン、日本からは遠く離れた国の料理であるにも関わらず、もう我が国になくてはならない存在とも言えるイタリアン。
ピザありパスタありワインあり。どれも和食にはない、優雅なでしかし庶民的な、まったりしていてどこかくせのない、そんな味わいを舌にもたらしてくれると言えよう。
私にとってのイタリアンといえば、なぜか二つの魅力的なプレートと日本酒が目に浮かぶ。
ひとつはグラタン。もうひとつはプロシュート。この二つを同時に食べるわけではないのだが、なぜだか定かではないが、私を遠くから呼んでいる声がする。
そして日本酒。イタリアンと日本酒?と思われるかもしれないが、これが意外と合うのだ。

最近あっていないわね、という心の声が私の心を打つ。
もう私はいつだっていいのよ、という魔性の声が私を虜にするのだ。

気軽に作れる料理ではない。グラタンもプロシュートも、かなりの手間がかかっている。適当に、時間がないからグラタンで済ませよう、などというような選択肢はあり得ない。プロシュートも気の遠くなる時間を経て熟成されているはずだ。
ましてや美味しい日本酒なんて、こだわったお店でしかおいていない。
それを、イタリアンレストランで、あっさりと注文し、いただく。なんと贅沢なことだろうか。

ああ、どうしたことか。一度食事を済ませたはずなのに、私の心の声がイタリアンレストランに私を駆り立てる。恐るべし、そしてありがたや、イタリアン。

私がいつも日本酒とともにイタリアンを楽しんでいるのは、川口のこちらのお店だ。
http://www.ic-nagare.com

SNSでもご購読できます。