目的に沿った居酒屋の選び方

大人数で大宴会をするとき

大人数で大宴会をすることは多かれ少なかれあるかと思います。例えば大学生であれば、サークルの新入生歓迎会や学園祭の打ち上げ、ゼミ飲み会や追い出しコンパなどがあるでしょうし、社会人になってからも、歓迎会や送迎会、新年会や忘年会、納涼会といった会社行事などもあるでしょう。そういった行事が行われるときに多く利用されるのは大手チェーンの居酒屋です。チェーン店の居酒屋は大人数が収容できるというメリットのほかに、コース料理が比較的安価で、飲み放題のプランに含まれるドリンクの種類なも豊富であるため、ある程度予測のつく料理が予測の予算内で提供されるという安定感があります。この安定感が行事を取り仕切る幹事にとっては重要なポイントになります。
大手チェーンの居酒屋は取り外し可能なパーテーションやドアなどで細かく区切られてつくられた個室が並ぶ作りをしていることが多いです。そのため大人数が来たときは、このパーテーションやドアを外し、1つの大部屋を作り対応します。店舗によっては100名以上収容できるような店舗もあります。

少人数でしっぽり飲むとき

少人数でしっぽり飲むときはそこまで大きな店舗スペースを必要としません。したがって、ほとんどの居酒屋が選択肢としては上げられます。少人数でしっぽり飲むというコンセプトであれば、あまり大手チェーンの居酒屋のように騒がしいお店よりは静かめの個室のある居酒屋を選ぶと良いかもしれません。座敷や掘りごたつなどがある居酒屋であればゆっくりと食事とお酒を楽しむことができでしょう。こういったコンセプトですと、飲み放題を注文することは少ないかと思いますので、ある程度お酒にもこだわっているようなお店を選ぶと良いかもしれません。

接待で活用するとき

接待で居酒屋を利用するときは逆にお店の種類が限られます。接待ということは、相手の方におもてなしをすることが前提になりますので、大手チェーンの居酒屋を選ぶことはまずないでしょう。格式の高い居酒屋や割烹料理を提供しているようなお店を選ぶはずです。格式の高い居酒屋とはいったいどんなところでしょうか?お寿司やしゃぶしゃぶ、焼き肉といった素材の味で料理の差が明らかに変わるような料理を提供するようなお店で、国産ブランドなどを使用していることを謳っているようなお店などを選ぶ人が多いようです。もしくは有名なシェフがいるレストランや有名な大将がいる料亭に近いようなお店が選ばれることもあるでしょう。そういう点で見ると、庶民の味というイメージが強い居酒屋は接待には不向きかもしれません。

宮崎で飲食店を展開している呑気グループは求人中です

SNSでもご購読できます。