焼きそばは作り手の腕が試される究極料理!?

お店で食べる焼きそばは、なんといっても本格的な味が楽しめるのがウリ。自宅でも気軽に焼きそばは作れますが、やはりお店の味には敵いません。鉄板でカリカリに焼かれた麺、そして甘くて食欲をそそられるソースの香り、そしてそれぞれのお店で違いのでるトッピングの数々、そうなのです、むしろ焼きそばというのはお店で食べるべきものなのです。比較的安価で食べることのできる焼きそば、人によっては主食にもなり得るポテンシャルを秘め、お腹を幸せに満たしてくれます。そして焼きそば店というのは昔ながらのところが多く、店主も気さくな人が多いので、憩いの場所にもなりえます。余りメジャーではない焼きそばの食べ方として、麺に生卵を付け、まるで麺つゆにつけたそばを食べるかのような食べ方をする、大阪風の食べ方というのもあり、このような変わった食べ方を探すのも楽しいかもしれませんね。焼きそばというのは身近にありながら奥が深い、まさに作り手の腕が試される究極の料理なのかもしれません。

焼きそばの奥深さに触れるなら、このお店の焼きそばを食べずに語るなかれ。
学芸大学の「ぼんの」
http://www.yakisoba-bonno.com/

SNSでもご購読できます。