洋菓子店を支える人たち

最近はスイーツブームということもあり洋菓子店はあちこちにあります。それぞれお店によって求められることは違います。味、見た目、価格といったようにお客はどのようなものを求めているのか日々研究し成長しなければなりません。

洋菓子店と聞くと和気藹々の雰囲気かと想像されがちですが実際厨房は戦場です。毎日同じメニューが並ぶとはいえ、季節感や旬な果物を使用したり新作を考えたりと常に頭はフル回転です。

新作の案は、よし!考えよう!と出てくるものではありません。日常の中でふと浮かんでくるものです。お客はどのようなものを買うかお客の喜ぶ顔を思い浮かべてみんなで切磋琢磨し合っています。

イベントが近くなると寝る暇も惜しまなければなりません。例えばクリスマスに注文するケーキは多くの家庭に喜んでもらう為に洋菓子店では夜な夜な仕込みや片付けをする姿が見られます。楽しいクリスマスを当たり前のように彩るケーキの裏には、中川区の洋菓子店のようなお店の想いがたっぷりと詰まっているんですね。

SNSでもご購読できます。