日本が世界に誇る和食の文化

一汁三菜が和食の基本です

一汁三菜という言葉をご存知でしょうか。
これは日本古来の食事の様式です。
一汁とは味噌汁やすまし汁のことを表します。
三菜とは3種類のおかずのことを表します。
この3種類のおかずとしては煮物や揚げ物、天ぷら、あるいは新鮮なお刺身などがあります。
日本の煮物の種類の豊富さには全く驚かされます。
多種多様の季節の食材を駆使してお醤油やお酒、みりんなどをつかって、かなり濃いめの味付けをするのが大きな特徴です。
濃いめの味付けをするのには理由があります。
和食にはご飯とお漬物が必ずついていますが、濃いめの味付けをされた煮物は、美味しいご飯の味わいをさらに高める働きがあります。

日本料理は見る料理

和食のもう一つの大きな特徴は、その見た目が大変美しいということにあります。
西洋料理や中華料理と比較される時によく引き合いに出される言葉ですが、 西洋料理は食べる料理、中華料理は匂いを嗅ぐ料理、そして日本料理は見た目に大変美しい料理ということが述べられています。
和食は日本人の心を表現した日本文化の一つです。
世界的にも今の和食ブームは大変なものがあります。
和食が世界的なブームとなりえたのには、それなりの理由があります。
見た目に大変美しいことはもちろんですが、四季折々の新鮮な食材を駆使して、様々な形で料理を変化させていることです。
それから栄養のバランスがとても優れていることを付け加えておかなければなりません。

和食のよさとは

和食のよさについてさらに深く考えてみました。
これは中華料理や西洋料理と比較するとよくわかりますが、和食は栄養のバランスが優れており大変ヘルシーな料理であるということがいえます。
料理を食べながら移りゆく日本の季節を感じることができるという特別なよさもあります。
和食の魅力のもうひとつのポイントはうまみではないでしょうか。
日本では料理を作る際に大切な塩加減と砂糖の甘さ加減ですが、それに加えて昆布や鰹節から抽出されるうまみというものをとても大切にしています。
料理の味の濃さでは中華料理や西洋料理に若干ひけをとりますが、料理のうまみという点では、日本料理がやはり世界一ということができます。

http://www.fukuido.co.jp

和食が昇華して懐石料理が誕生

次に和食の代表格について考察してみることにします。
その代表格として挙げられるのは、寿司、お刺身、天ぷら、煮物が代表格です。
これら日本古来の食文化が極限まで高められた料理が、日本が世界に誇る懐石料理ではないでしょうか。
懐石料理は一品一品がとても小さいですが、その見た目の美しさで定評がありますし、料理自体のお味の良さも懐石料理の人気を根底から支え続けています。
その繊細なお味と、見た目の美しさで世界の人々の心を捉えることができました。

SNSでもご購読できます。