思い出に残るバー

私にはもう一度行きたいと思っているバーがあります。

それは10年ほど前に出張に行ったときに、ふと立ち寄ったバーで名前さえもはっきり覚えていないところなのですが、店に入った途端にその凄さに圧倒されてしまいました。

そこには店の壁の棚やカウンターに所狭しと、いろんな種類、色々な銘柄のウィスキーが置いてあったのです。

実は私は無類のウィスキー好きで、食事はしない日があってもウィスキーを飲まない日はないほど好きなので、その店に入った途端、目はウィスキーの瓶に釘付けになりました。

そこにあるウィスキーのほとんどは自分でもウィスキー通と思っていた私が知らない銘柄で、早速マスターとウィスキー談義に花が咲きました。

そしてマスターお勧めのウィスキーを何銘柄も飲ませてもらい、心の底から楽しい夜を過ごさせてもらいました。

ただ残念なことはあまりにも楽しくてウィスキーを飲み過ぎてしまい、その日の記憶はかなり曖昧で、ただマスターに大声で「ウィスキーは酒の王様だ」と叫んだことだけはおぼろげながら覚えています。

たった一度しか行かなかった店ですが、本当にお酒の楽しさを教えてくれたこの店に本当に感謝しています。

この前行った名古屋の伏見にあるワインバーが素敵で、ふとそのバーのことを思い出してしまいました。

SNSでもご購読できます。