居酒屋のドリンクについて

居酒屋で出される定番ドリンク

居酒屋では様々なドリンクが提供されます。定番の飲み物について、ご紹介します。ビール、シャンディガフ、ハイボール、ジンジャーハイボール、コークハイボール、ウーロンハイ、赤ワイン、白ワイン、サングリア、麦焼酎ロック、麦焼酎水割り、麦焼酎お湯割り、芋焼酎ロック、芋焼酎水割り、芋焼酎お湯割り、日本酒熱燗、日本酒冷や、日本酒冷酒、梅酒ロック、梅酒ソーダ、梅酒水割り、レモンサワー、巨峰サワー、カルピスサワー、グレープフルーツサワー、カシスオレンジ、カシスソーダ、カシスウーロン、ジントニック、ジンバック、オレンジブロッサム、ウォッカトニック、モスコミュール、スクリュードライバー、モヒート、カルーアミルク、ピーチフィズ、ソフトドリンク各種などが定番のドリンクメニューかと思われます。
ただし、これ以外にもカクテルの種類は無数にありますし、お店独自のカクテルなども提供している居酒屋があります。その一つの例として、大手チェーン店の土間土間さんであればタピオカドリンクををカクテルにしたメニューがあります。ドリンクの種類が豊富なお店を好む人も多いため、ドリンクの数で他社と差別化を図っている居酒屋もあります。

ドリンク中心の居酒屋がある?

ドリンクを中心にした居酒屋があるかどうかですが、結論から申しますと、あります。お酒の名産地や銘柄にこだわって仕入をしているお店の中には、お酒を中心にフードメニューが作られていたりします。例えば日本酒好きで、利き酒師のライセンスを取得しているオーナーが居酒屋を開店する場合、十中八九名産地、銘柄にこだわった日本酒を店舗に並べます。そうするとその日本酒に合う味付けがされている料理を考案する傾向にあります。店で提供するお酒を先に決め、そのあとで料理メニューを用意していくというスタンスになります。これがドリンクを中心にした居酒屋の一つの例です。焼酎やワイン、ビールでも同じことが言えます。もし街でオーナーがお酒関係の資格を取得しているということをアピールしている居酒屋を見つけた場合は、お酒を際立たせるための料理が提供されていることが多いと思いますのでご覧になってください。

https://www.so-ya.co.jp

ドリンクが安価な居酒屋とは?

ドリンクが安価な居酒屋とはどういったところでしょうか。代表的なところで言いますと、大手チェーンの居酒屋か立ち呑み居酒屋になります。大手チェーン店で言えば、鳥貴族さんや居心伝さんなどは1杯280円から300円の間でお酒を飲むことができますし、ローカルの居酒屋などを探すとビール1杯180円やハイボール1杯150円で、提供されている店舗もあります。

SNSでもご購読できます。