ラーメンやつけ麺が無性に食べたい時

ラーメンを無性に食べたくて食べたくて、いてもたってもいられない、という経験をしたことがない人はとてもある意味貴重な存在といえるでしょう。ある意味、どこか、無性にカレーライスが食べたくて食べたくて、いてもたってもいられない、という状況になるのと似ています。どちらも、一度心に宿ってしまうと、その思いは、実際にその料理を喉に通すこと無くしては消し去ることができない店でも似ています。

私は、どちらかというとラーメンの方がよくそのような状況になりやすい傾向があります。もしかしたら、町中に、ラーメン店の方が、カレーライス専門店よりもたくさん存在していて、目に触れてしまうからかもしれません。特にすぎなのが、つけ麺です。つけ麺がよに広まってから、かなりの回数、お店でつけ麺を注文し、食べてきました。こっていりした魚介トンコツのスープと、太麺、あれば極太麺が大好きです。一時期、好きすぎて、連日食べて、自分で自分の高まる気持ちを心配に思った経験すらあります。特に大宮にあるお店のつけ麺、あれが本当に最高で誇張抜きに毎日行ってました。

しばらく食べていなかったつけ麺ですが、今また、むしょうに食べたくなって来てしまいました。どうしましょう。

SNSでもご購読できます。