フレンチは、マナーを覚えておくと女性に好感を持たれる

フレンチの料理は、食べ方がある

多くの外国料理店が増えた日本は、食べ歩きを楽しむ人も多くいます。
しかし、食べ方やマナーを知らないとグルメ通とは言えません。
フレンチなどは、上品な料理が多いので恥をかく前にマナーを覚えておきましょう。
まず、「肉料理」や「テリーヌ」などの固めた料理は、左端からナイフで切りフォークで食べるのが基本です。
真ん中から雑にナイフで切ると、崩れて食べにくくなるケースがあるので注意が必要です。
また、フレンチで人気の料理として、「生カキの蒸し焼き」がありレモンが備え付けられている事があります。
レモンは、ソースとして使用される事になりますが、絞り方もマナーとしてあります。
レモンを右手で絞る場合、左手で汁が飛び散らないよう上から覆います。
同席している人や、自分にかからないよう配慮して絞る事が大切です。

高級店は、ウエイターに従うマナーもある

フレンチの高級店になると、「予約制」や「会員制」で来店してもらうケースがあります。
敷居が高くなる感じで、行きにくい人もいますが、1軒は利用したいものです。
高級店になるほど、マナーも多くなり紳士的な人は好まれます。
例えば、店へ入り予約の名前をを告げると、テーブル席へ案内されるはずです。
そして、ウェイターがイスを引いてお客を座らせてくれるマナーがあります。
この場合、カップルで来店すると先に女性が座るまで男性は、イスの横で立って待ちます。
左側に立つのがマナーであり、右側には立たないよう気を付けます。
次に、ウェイターが男性のイスを引いてくれれば、イスに座れば良いです。
男性の中には、自分でイスを引く人もいますが、ウェイターにお任せするのが高級店のマナーになります。
フレンチ店は、雰囲気と料理を楽しむ

フレンチ店の楽しみ方として、見た目が美しい料理が挙げられます。

「並び方」「盛り付け」「色彩」など、運ばれてきた料理に目を奪われる人も多いはずです。
フレンチは、1度に料理を持ってくる事はほとんどなく1品ずつが基本です。
食べるマナーとしては、1品をキレイに食べてウェイターが次の料理を運んでくるまで会話で待ってみましょう。
お客の中には、苦手な料理もあり残すケースもありますが、この場合ウェイターに「すみません。
苦手な食べ物だったので残しました」と正直に伝えます。
少し頭を下げて申し訳ないように、伝えるのが店側へのマナーです。
もしくは、同席の人に食べてもらうのも良く男性に依頼してもOKです。
また、フレンチ店では、料理以外に雰囲気や会話も楽しめる場所ですが、滞在時間としては1時間ぐらいが理想になります。
1時間あれば、料理を落ち着いて食べれるし会話なども楽しめるはずです。
あまり長い時間滞在すると、店側や後から来店するお客に迷惑がかかるので1時間を目安に利用しましょう。

https://www.leverdurier.jp/

SNSでもご購読できます。