デート代は男性が出すべきか女性が出すべきかそれが問題だ

デートにはお金が掛かります

友人同士の食事や飲み会などであれば、日本では割り勘は暗黙の了解事項として根付いています。
ですから、トラブルになることはまずないでしょう。
ところがデートとなれば、話は変わってきます。
もちろんデートですから、好きな人と飲食をしながら楽しいひとときを過ごせるのですからこの上ない満足感を得られるはずです。
しかし清算時に、どちらがお金を払うのかという問題に直面するかもしれません。
いつの頃からかデート代は、全額男性が払うのが当たり前と言う「常識」が一般的に認知されそれに疑問を抱かない人もいます。
またそれが格好の良い男性のあり方という認識を、男性のみならず女性側も持っており異論を挟む余地のない時代が続きました。
しかし昨今では、この問題に対して男性・女性何からも様々な意見が発信されています。

様々な意見をここに紹介します

まず男性からの意見として散見されるのが、デートする度に彼女の分も支払わなくてはならないというのは、経済的に辛いという意見があります。
場合によっては食費などを削り、なんとか工面してやりくりする人もいる模様です。
特に一人暮らしで収入面もそれほどではない場合、様々な意味で厳しいというのは納得のいく話です。
また初めてのデート、あるいは付き合い始めてまだ間もない場合、嫌われたくない・格好をつけたい事を理由にあげる人もいます。
この背景には、いわゆる「男らしさ」を演出したいという男性心理が働く影響かもしれません。

女性からの意見

今日では外で働く女性も多く、男性より収入の多い女性も少なくありません。
この条件に当てはまるなら、全額を女性が負担しても良いという意見もあります。
また女性ならではの意見として男性が料金を全額負担すると、その見返りとして男女の関係を迫られそうだからと言う理由を挙げる女性もいます。

滋賀にある株式会社一休庵の飲食店はデートに向いています

折衷案も登場しました

オールオアナッシングという考え方から、もっと柔軟性のある方法を提案する男女も少なくありません。
例えば男性は半分より多めに払い、残りを女性に負担してもらうという案もあります。
これなら前述した昔からの常識を大まかにはクリアーしながら、金銭的負担を減らせる案と言えるでしょう。
答えはカップルそれぞれで決めよう
前述の意見に加え、他にも様々な意見があることでしょう。
しかし、この答えに唯一無二の正解は存在しません。
ですからカップル同士で相談して、納得の行く答えを弾き出す努力が必要になった時代になったとも言えます。
思いやるという気持ちを互いに持ってさえいれば、自ずと答えは出るでしょう。

SNSでもご購読できます。