カフェを上手に利用して楽しいひと時を過ごそう

カフェってどんなお店?

カフェはフランス語でコーヒーを意味する言葉です。
そこから転じてコーヒーを出す喫茶店をカフェと称するようになりました。
日本でも多くの喫茶店が店名にカフェを入れていますが、法律では喫茶店とカフェは別物として扱われています。
カフェは酒類や料理を提供する飲食店の一種です。
その一方で喫茶店は酒類は扱わず、料理も軽食の一種である茶菓に留まっています。
そのため、モーニングサービスなどの名目で料理を提供している喫茶店は店名こそ喫茶店あるいはカフェですが、法律上は飲食店として扱われています。
また、水道に接続して稼働させているカップ式の飲料販売機も法律上は喫茶店の一種です。

コーヒーが美味しいカフェの見分け方

カフェといえば芳醇な香りのコーヒーを思い浮かべます。
おしゃれな内装の店内で上質のコーヒーを飲むのはカフェの醍醐味ですが、コーヒーの風味が悪いとせっかくの雰囲気が台無しです。
店内の雰囲気ではコーヒーの良し悪しはわかりませんが、コーヒーの淹れ方や道具類の扱い方である程度の判別は可能です。
コーヒーにこだわっているカフェは道具にもこだわっています。
同じコーヒーでも淹れ方で風味が大きく変わるので、客のニーズに合わせていくつもの道具を使い分けるのが優良店の証です。
また、コーヒーの成分は流水で洗う程度では完全に除去出来ず、匂いや変色の原因になります。
道具のお手入れを丁寧に行うカフェはコーヒーの味も良いので、カウンターの奥を覗いて確認するのが良い方法です。

http://www.bakerycafe-151a.com/

美味しい料理を堪能するのがカフェの魅力

カフェでの食事は家庭では再現出来ない独特の風味をおしゃれな雰囲気の中で堪能出来るのが魅力です。
口当たりが良い料理と風味豊かなコーヒーや紅茶はカフェだからこそ楽しめる組み合わせなので、評判が良い所を選ぶことを心がけます。
お店によっては団体客向けのコース料理を扱う所もありますが、レストランのように規模が大きいカフェは客も多いので混雑しやすく、落ち着いた雰囲気を楽しむのは困難です。
また、同じ料理でもお店ごとに味付けが違うので、口コミサイトなどの評判を参考にしつつも、あくまで自分が美味しいと思える所を選ぶのが満足出来るひと時を楽しむための秘訣です。
カフェで提供する料理は風味を楽しむための物が多く、お腹いっぱい食べたい人には不向きな傾向があります。
極端に空腹な状態では料理の風味や店内の雰囲気を落ち着いて楽しめないので、自身の体調を考慮することも大切です。

SNSでもご購読できます。