すじこのヒミツをご存知ですか?

すじことは?イクラとはどう違うの?

すじこは、サケ科の魚たちの卵のことで、まるで筋みたいな卵巣膜に覆われて卵がつながっているものを指します。イクラもサケの卵ですが、この筋のような卵巣膜を取り除いた状態のものを指し、バラ子とも呼ばれています。
一般にスーパーなどで販売されているすじこは塩蔵の加工品なので、加工処理を施していないすじこのことを生すじこと呼び、加工されたすじことは区別しています。

すじこには実はこんな種類があるんです

すじこは鮭の種類によってその呼び名が異なります。具体的に見ていくことにしましょう。
紅鮭から取ったものはべにこ、白鮭から取ったものはさけこ、またはチャム子、はらこなどと呼びます。
さらに銀鮭から取ったものはぎんこ、鱒から取ったものはますこ、キングサーモンから取ったものはキング子、トラウトサーモンから取ったものはトラウト子などと呼んで区分されています。

すじこの産地にはどんなところがあるの?

まずはアラスカです。アラスカ産のすじこは真っ赤で一粒一粒が大きいことがポイントです。また味はやや塩辛いといった特徴があります。
次が北欧です。とてもきれいで、甘口なのが特徴です。しかし、価格が高いというデメリットもあります。
次がロシアです。スーパーで販売されているすじこはこのロシア産のものが多く、加工の際、甘い調味料で味つけされていて、醤油味が目立つ点が特徴となります。
最後が日本国内のものです。色が他のすじこに比べるとやや黒く、一粒一粒が大きく、薄い塩味が特徴になります。

すじこにはどんな味付けがあるの?

「すじこはすじこでしょ?」と味の違いがあることをご存じない方は意外と大勢いらっしゃいますが、すじこは大きく分けて2つの味付け方法があります。
まず1つ目は醤油漬けです。この味付け方法は昔にはないもので、最近になってこちらの方がメインになってきました。すじこは次にご紹介する味付け方法と見た目は変わりませんが、これは余計に着色しない醤油で味付けを施しているからです。
もう1つは塩漬けになります。こちらの方は昔から伝えられてきた味付け方法で、すじこを塩水で洗った後で、さらに塩に漬けこんでいきます。このようにすることで、塩のうまみを引き出せるからです。
すじこは時間が経過するとどんどん悪くなってしまうので、鮭から取ってすぐに加工したばかりのものはそれほど塩辛くなく、粒もパラパラで大変おいしくなります。

長崎のたかはし屋は海産物を販売しております

SNSでもご購読できます。